FC2ブログ

傷ついた蝶の訂正

10月8日のブログで
 
 傷ついた蝶・・とのせましたが

  DSC06232_20101011012940.jpg

この蝶、傷ついているのではなく

独特な形をした完全な蝶で、

その名前は「いしがけちょう」(別名「いしがきちょう」)という蝶だそうです。

「ああ 傷ついている。可哀相にね」と間違った情報を与えてしまいました。202907_20101011015543.gif


  ↓一押しお願いします
  であい博ランキング(弥太郎慎太郎)
  応援ありがとう


 







スポンサーサイト



2010/10/11 02:02 | アドバイス&コメントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

セミのアドバイス

         etegami695.jpg
           
            アドバイス犬ぺこりありがとうございました。
                          
                          


こんにちは!初めてコメント致します。
綺麗に蝉の写真撮れてますね!
    DSC_2792-1.jpg
 7/16


ホントどうでも良い事なのですが、多分アブラゼミでは無いです。        
それと、蝉はさなぎにはならない不完全変態の昆虫です。
ホント~に余計な御世話だとは思いましたが、少し気になりましたのでコメントさせて頂きました。

      

       お礼が遅くなりました。
       これからもブログ応援お願いいたします。

今日はお仕事でした。
ランチはやっぱり
うどん
DSC04252_convert_20100831140546.jpg

暑さ乗り切るためにw04.gif

         お肉も注文しました。311931.gif

DSC04254_convert_20100831140623.jpg


                いいよネ         
              etegami685.jpg


↓一押しお願いします           
であい博ランキング(ジョン)
応援ありがとう





           

2010/08/31 14:21 | アドバイス&コメントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

アドバイスありがとうございます

アドバイスいただきました。
犬ニコニコ拍手犬ぺこり


蝶が水を吸うは、のどが渇いたからではなく「体温を下げるため」
と聞いたことがあります。

吸水しながら、お尻から水滴を放出していたのを、確かTVで
放映していたように思います。

DSC02303-1.jpg

この花の名前は「檜扇」(ヒオオギ)。
名前の由来は、葉の並び方が、檜扇に似ているから。
檜扇とは、ごく薄い檜の板を綴じ合わせ根元に要を付けた
木製の扇のこと。発祥は平安時代と言われています。

檜扇は、もともと宮廷で使われていた扇で、現在私達が
使っている紙製の扇は、この檜扇から派生し、檜扇を
略したものとして一般の人々に普及しました。


DSC_2409-1.jpg


        ↓一押しお願いします
        であい博ランキング(弥太郎慎太郎)
         応援ありがとう

2010/07/08 20:28 | アドバイス&コメントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

つばめの算数

 ありがとうございます202907.gif
         かわいい楽しい童謡ですね
         曲もあるんですか。       

童謡   つばめのさんすう  
              坂井てるを作詩

1、そろばん学校の のき下でつばめがさんすう してました

2、るすばんしながら 教室をのりだしせりだし みてました

3、おやつを待ってる くちとくち そろばんだまに にてました

4、かあさんおかえり ににんが四 おみやげかぞえて たべました

【註】

この詩は、今からウン10年前 当時存在していた早稲田大学

童謡研究会会員だった早稲田大学学生「坂井てるを」氏が

作られたものです。

別の大学で学んでいた私は、子供を対象としたサークルに

所属していて、このサークルに送付されてきた早稲田大学

童謡研究会の機関紙に掲載されていたものの中、特に記憶に

残っている詩です。丁度この時期のことでもあり、お送りします。

DSC01210-1.jpg
↓一押しお願いします
であい博ランキング(弥太郎慎太郎)
応援ありがとう

2010/06/16 10:48 | アドバイス&コメントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ちがや

DSC01485_convert_20100612191913.jpg


いつもありがとうございます202907.gif

アドバイスで ブログが引き締まります。


白穂の道、これ「ちがや」(茅)の穂であろうとお見受けしました。

このようになる以前、すなわち茎の中に包まれている状態の穂、

その昔、おやつ代わりに茎を裂き中にある穂を取り出して食べた

思い出があります。

この「ちがや」、繁殖力が強く、畑や庭に生えている場合、あっと

ゆう間にあたり一面広がってしまいます。ドクダミと同じで、根茎でも

増えますので、徹底的に掘り起こし例え1センチの根茎であろうとも

除去し残さないことです。

 
         が、もう今こんな状態です。
         左上には桃が・・・・
         いくりが・・・・
         奥にははっさく・小夏などなど
         大きくなっています。

DSC01666_convert_20100614123835.jpg

今朝収穫してきました。
桃・いくり・やまもも・くちなし しきび

DSC01722_convert_20100616071204.jpg

        さ~試食 

↓一押しお願いします
であい博ランキング(5人)
応援お願いします

2010/06/16 07:26 | アドバイス&コメントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»